2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
 
 
会社紹介
 

ご挨拶

『富山湾からの贈り物 奥田屋』へご来店ありがとうざいます。

EC・通販 店長の奥田哲也です。

当店は、創業150年余り、5代に渡って富山で『富山湾産きときと(富山弁の「新鮮」という意味)鮮魚の販売(個人客様・飲食店などの法人)』『自家製造魚惣菜・水産加工の製造』を営む小売店です。

「富山湾のきときと鮮魚」を”姿ありのまま”ではなく、少量、複数種たのしめるお遣い物セットをお届けします!

初代・甚右ェ門が江戸末期創業し、2代目店主・栄次郎が戦時中に現在地へと疎開し、旧富山市南部エリアの地元のお客様向けに営業を開始しました。
網元出身で自ら漁に出ていた3代目・浅雄。現店主の健治で4代に渡り、富山きときと空港から最も近いここ富山で、商売を営んできました。
当時から、鮮魚販売、魚惣菜、加工品の販売から仕出し料理・オードブル・弁当などの調理もご提供しています。

2006年からは、現在実店舗の店長を務める美代子が、『(北陸新幹線開業前までは、)北海道に比べて知名度が低く、富山に所縁にある方や富山の海の幸を食した方にしか認知されていない。ですが、日本一種類が豊富な「天然の生簀」と呼ばれる富山湾の海の幸。この新鮮で、美味しい富山湾産きときと鮮魚に留まらず、富山の食文化を全国の皆様にお届けしたい』という思いからオンラインショップを通じて、こだわりの商品を販売してきました。

5代目・哲也により、自店の商品販売に留まらず、富山県の水産資源や伝統技術を活かした新商品開発・販路開拓などを通じて、地域活性化に取り組んでいます。

●当店のおススメ

・日本ギフト大賞2015富山受賞「北陸AKB」
・「オールドパー」に合う珍味(ほたるいかキムチ、白えび塩辛<塩麹漬け>、氷見ぶり味噌等)
・NHKあさいちで紹介レシピ「焼き昆布じめ(のどぐろ、氷見ぶり、サクラマス)」
・香箱ガニ/ズワイガニ/毛ガニ 等
・ひみ寒ぶり/のどぐろ/白えび/ホタルイカ 等


奥田屋 EC・通販店長 奥田 哲也

会社概要

販売業者奥田屋 奥田 健治
設立1865年4月1日
運営統括責任者EC・通販店長 奥田 哲也
住所〒939-8231 富山県富山市下熊野463
電話番号076-429-0029
FAX番号076-413-6017
Eメールinfo@kobujime.jp
Facebookhttps://www.facebook.com/okudaya.toyama/
ツイッターhttps://twitter.com/omiyoko116
ブログhttp://ameblo.jp/okuda278/
営業日時【営業】  平日・日:10時〜18時
【定休日】 日曜・祭日休、水(不定休)、
お盆、年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク
事業内容富山きときと鮮魚販売、富山特産水産加工品・調理品・魚惣菜の製造・販売、
仕出し料理、EC・通販、BtoB鮮魚販売



大きな地図で見る
    

ページトップへ