2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
 

トップ > すべての商品 > のどぐろ昆布締め

昆布締めに使用の魚の質が違う

昆布締めは、価格重視で加工用の品質・余った魚などお刺身よりも品質が下がったものが使用されることが一般的に多いです。
しかしながら、当店は魚屋ならではの強みを活かして、富山湾の定置網で水揚げされた朝どれで、お刺身に使用し、高級割烹・料理店に納品の品質のものを厳選。
魚体の痛みもなく、輝いた状態で獲れるので、「お刺身向き」と言われ、高値がつくものを使用。大きなもので1kg弱のものも水揚げされる「天然のどぐろ」ですが、大きすぎると脂がくどすぎるので、サイズも300~400g前後の程良い脂ののりのもの。皮が剥がれにくいようにするため、霜降り。

昆布の味に負けないよう、魚の素材を活かした
製法を開発

富山の昆布締めと言えば、昆布と魚を挟んで重石をして寝かせてお魚に昆布の味をしみるようにするのが一般的な製法。
しかしながら、当店が都市圏生活者にヒアリング調査を行った結果、「富山の昆布締めはどの魚種のものを食べても昆布の味しかしないし、塩辛い。折角の富山湾の美味しい魚の味が無くなってしまって勿体ない」という評価が大勢。そこで、当店では、昆布に魚の味が負けないように、塩を使用せず、昆布から染み出る塩分と重石を使用しないサンドイッチ製法を独自開発。

また、昆布の味が魚に負けないような手順にこだわり、魚の味が昆布に負けないように工夫。 5代に渡り続いてきた伝統製法を
20年前のインターネット販売開始に合わせて、 都市圏生活者に喜ばれる味に製法の改良を重ねた品。

2016年3月17日放送
NHK 『あさイチ JAPAN-NAVI』にて紹介

『富山湾おさかなスペシャル』特集にて、当店の昆布締め・レシピが、
【昆布締の新しい食べ方をご提案。昆布まで余さず食べて、しかもうまみアップという方法】として、スタジオで実演紹介されました。

紹介レシピ:昆布締め炙り
1.上面の昆布締めの昆布をはがします。
2.フライパン、ホットプレート、網焼きなどで、下面の昆布とお刺身を中火で焼きます。魚に火がとおり色が変わったらOK。昆布ごと食べられます。

当店の昆布締めの中でも、
都市圏在住者向け及び在住者からのお遣い物・ギフトの使用で
圧倒的な人気No.1商品。

【お召し上がり方】
昆布をはがして、中のお刺身を取り出し、お召し上がりください。
昆布からの旨味がお刺身に染みでていますので、そのままでのお召上がりがおススメです。お好みで、わさび醤油・生姜醤油で。

のどぐろ昆布締め

内容量 80g
賞味期限 冷蔵状態で3日間(お届け日含む)
※すぐにお召上がりにならない場合は、冷凍保存(30日間)も可能です。当店では、冷蔵状態ですぐのお召し上がりを推奨。
販売期間・販売数 通年
原材料名・産地 のどぐろ<赤むつ>(富山湾産 ※ご指定日と漁模様によっては富山湾沖合産)、真昆布(北海道産)、穀物酢(国内産)
アレルギー表示
(特定原材料)
小麦
配送形態 ヤマト運輸クール冷蔵便 冷蔵状態
※冷蔵商品と冷凍商品を同時購入の場合は、組み合わせの商品の特性を当店にて判断能の上、最適な状態にてお送りします。
お届け日指定 可(ご注文日より7日目以降)
贈答用包装 包装・熨斗可(簡易包装のみ)
商品コード : kobujime-p-001
希望小売価格 : 3,980
価格 : 円(税込)
数量
 
  • 熨斗(表書き・上書き):ご指定がある場合は、下記にご記入ください。

    入力できる文字数:半角50文字

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ